不妊治療の方法

治療期間と費用相場について

近年、晩婚化が進み30代後半で結婚する人も多いです。 それと同時に不妊に悩む夫婦も多くいます。 自然妊娠が難しい場合などもあり不妊治療を受ける人もいます。 不妊治療は大学病院や個人クリニック総合病院などで受けることができます。 通いやすさや病院設備、医師や看護士との相性などを総合的に判断し、慎重に選ぶようにしてください。 なぜなら不妊治療は長い期間頻繁に病院へ通うことになるからです。 治療期間は平均2年〜5年間くらいと言われています。 また、この気簡易かかる費用の平均は約140万円ほどです。 長い期間や高いお金をかけて行う治療ですので、なるべくストレスの少ない病院を選ぶことが大切だと思います。 病院によって受けられない治療もあるのでその辺りも良く考えてください。

不妊治療の具体的な内容

不妊治療と一言で言っても様々な検査や方法があります。 どんな検査をするか、どんな方法で妊娠の確率を高めるかなどは、その人の症状などにより医師が判断します。 ここでは不妊治療の際に行われる妊娠の確率を高める方法とその特徴についてお話します。 その主な方法には、タイミング法、人工授精、体外受精があります。 タイミング法は、排卵のタイミングに合わせて通常のセックスをして妊娠の確率を高める方法です。 超音波検査や尿検査などを用いて排卵日を正確に特定することが重要です。 人工受精は、マスターベーションにより採取した精子を排卵に合わせて直接子宮に注入する方法です。 医師によって行われますが、妊娠の原理は自然妊娠と変わりません。 体外受精は、女性の体内から卵子を取り、体外で精子と受精させたものを女性の体内に戻す方法です。 一般的にタイミング法、人工授精、体外受精の順番で治療を進めていくことが多いです。