health consulting

おすすめ記事

原因と治療法を見つける

不妊は女性の体に異変があるイメージがありますが、男性に異変がある場合もあります。原因を知って解決策を見つけることで、効果的な治療法を見つけ出すことができ、人工授精を受ける必要があるかどうかを判断することにも繋がります。

Read More

排卵検査薬の使用

妊娠を希望している場合、まずは自信の排卵日を把握する必要があります。ホルモンの分泌量を測定できる排卵検査薬を使用することで、正確な排卵日を把握することが出来ます。

Read More

不妊治療の方法

不妊治療には様々な方法があり、予算などに合わせて治療法を選択することができます。なるべくストレスの少ない病院を選ぶことも大切です。それぞれに合った治療法を試しましょう。

Read More

安心して通える

不妊治療は専門の資格を持っている医療機関で行うことが出来ます。信頼性の高い施設であるため、初めての不妊治療で不安を抱えているというような人でも安心して通うことが出来ます。

Read More

妊娠が発覚した時

妊娠の発覚が分かったら出産を行う産婦人科を選ぶことをしますが、はやめに行動に移さないと産婦人科が取れなくこともあるので気をつけることです。この時に出産に掛かる費用についても調べておくことです。

Read More

晩婚化による不妊

健康な生活こそが授かるチャンスを生む

女性の憧れのなかで、幸せな結婚と出産の要望は依然とあるでしょう。しかし近年の晩婚化傾向では、結婚年令そのものが遅いため、出産へも影響が及んでいます。晩婚化することで、出産への機能が衰えて不妊の傾向が出てきます。かと言っても出産の年齢は、35歳前後までに、第一子誕生が目安となります。そして35歳以上の出産の場合でも、遅からずとなるでしょう。まさに今は40歳での出産も、珍しいものでもなく、出産の高齢化が進展しています。それと同時に不妊治療を、受ける人の割合いが、年々高くなっている問題があります。30歳を過ぎても、全然赤ちゃんが授からない場合は、専門医の相談をうけて見てもよいでしょう。またその際は、パートナーと二人での相談をお奨めします。

パートナーとの関係を築いていく出産の適齢期

30代の人を高齢と呼ぶことは、ないのですが妊娠出産の、一つの折り返し点になるでしょう。正式な不妊の定義は、1年又は2年間のうちに、妊娠しない場合をさします。ですので正常なカップルだと、この2年の期間のうちに、妊娠しなくては不妊症と診断されてしまいます。医療というのは、いささか行き過ぎた、判断軸を持つものでしょう。実際に見渡して見れば、結婚年令そのものが、30歳を目前にしている現代なのです。現代の社会事情のなかで、パートナーと出産についての、折り合いが合わない場合もあるのです。その場合は高齢のための、不妊や女性側ばかりの理由を、探さない方が賢明でしょう。確かに高齢は、女性の卵子への老化現象となります。ですがあまりに深い理由ばかり、追いまわし過ぎても、良策とは謂いかねるでしょう。